通夜・葬儀の日取り

お葬式は、いつでもあげていい…というものではありません。
あげてもいい日取り、ダメな日取りがあります。
もちろんそういったことは、葬儀会社の方で提案してくれますので大丈夫です。

一般的には、仏滅などの六曜にのっとって、葬儀は行われます。

友引は友を引く…友を連れて行く…という意味合いもあり、
お通夜やお葬式の日取りには、ふさわしくありません。

また火葬場も、友引は休みとしていることがほとんどです。
そのため友引には、葬儀そのものを行うことができません。

ただし、お通夜は友引でも行うことが一般的です。

葬儀の日取りが、どうしても友引とぶつかってしまう場合は、
一日ずらして葬儀を執り行います。
その場合、一日目を仮通夜、そしてその次の日を実際のお通夜とします。

仮通夜では、身近な人だけで執り行ないます。

亡くなった当日に納棺、亡くなった方を棺にお入れします。
そしてその次の日が、お通夜。
さらにその次の日が、葬儀・告別式となります。
家族葬 安い